「1m位」カオパネ

 顔ハメ看板
まるで中洲屋台にいるようなセットで顔出しができる、まるでシチュエーションカオパネです。このようなタイプは非常に珍しいカオパネで、思い出になる事間違いない!? 背景も写真です。
 顔ハメ看板
久々の手描きカオパネです。 ペルー原住民の衣装でしょうか。ショッピングモール的な所にあるようです。 しかし、ヤリの横のスカイブルー(色)は隣の衣装の赤色と反発してチカチカします。 折角なので、ここも抜
 顔ハメ看板
甲府のゆるキャラ「とりもっちゃん」という黄色のとりキャラだそうです。甲府の名物とりもつ煮のPR活動をしているようです。 なんともはや、表現がゆるい。このパネルを置いている場所は甲府駅構内にあるのにもか
 顔ハメ看板
甲府駅の改札を出て目の前にあったカオパネです。これでもキティちゃんとわかってしまうんですね。キャラクターの視認性・定着感はハンパないって感じです。 キャラクターそのものに顔を出せるタイプとして非常に珍
 顔ハメ看板
久しぶりに通った通りに見慣れないカオパネを発見。 ドンキホーテのパネルでした。関東一(日本一かは分からないが)カオパネがある通りの新入りパネルです。
 顔ハメ看板
江戸川区自然動物園にあるカオパネです。無料の動物園ですので開園時間はいつでも撮れます。レッサーパンダとダルマの組み合わせは何ともミスマッチなカオパネです。全体的に小さめなので子供向けです。
 顔ハメ看板
五稜郭公園前を下車し五稜郭タワーへ向かう道すがら現れるカオパネです。 かなり風雨にさらされ修復箇所が多々ありますが、久々に手描きの筆跡も分かるレア度の高いパネルです。 一体何人の顔をはめてきたんでしょ
 顔ハメ看板
札幌市水道記念館にあるカオパネです。 ウォッピーという公式キャラクターが受付を越えた後に迎えてくれます。 過去には他のカオパネがあったようですが、今はありません。 この記念館を訪れる際は手前の坂道がか
 顔ハメ看板
久々に見ました。まりもっこり。 大倉山ジャンプ競技場のクリスタルハウス入り口にあります。 この状況だと指をさしている手前のコは確実にもっこりジャンパーにぶつかります! 危険ですのでジャンプしている選手
 顔ハメ看板
これも大倉山ジャンプ競技場の札幌ウィンタースポーツミュージアム内にあります。 ジャンプの時の技で後方に腕を持っていきボードを掴んでもう片方の腕は振り上げる「ステールフィッシュ」といいます。 これは特撮
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  

探検家(Explorers)

あおきもの. さん ノーヌル さん masaya さん 亜流 さん ロナ・ウッチーニョ さん shunichi sakurai さん usa さん ワサブロー5世 さん ゆきこ さん kouak さん うえうち さん awb さん 伊勢志摩PRし隊 さん tato さん やすき さん 理想のオレンジ さん えこ さん あざなし さん

アーカイブ