「1m位」と一致するもの

いちご狩りができる場所に置いてあったカオパネです。
30年以上もいちご狩りをやられているようですが、カオパネはまだ新しいです。
同県(静岡県)でのいちごカオパネ2枚目となります。
1枚目はフルーツパークでした。型も同じようです。同じ会社が作ったのでしょうか。。。

 顔抜き看板

うなぎ専門のお食事処にあるカオパネです。
ゆるキャラ2015グランプリ「出世大名 家康くん」と同じ制作者が描いたのでしょうか「出世法師 直虎ちゃん」というゆるキャラ等々のカオパネのようです。
浜松名産をごっそりと詰め込んでいますね。

 顔抜き看板

2016年の「いわずもがな」なカオパネを東京スカイツリー(ソラマチ)で発見!
これってもうちょっと露出が早ければ流行語大賞取れたのでは?という勢いがありますが当パネルはどうかというとインスタのインターフェイルをパロったのか、かなり地味な仕上がりになっており下や左の看板でようやく内容が把握できる少し残念な様相を感じざるを得ないのは自分だけでしょうか。
キャラがキャラだけにもう少しアピール度があったカオパネにして欲しかった・・・
2017/01/12までの期間限定です。

 顔抜き看板

萌木の村(もえぎのむら)にあったカオパネです。
なぜバレリーナなのか由来はわかりませんが、手描きで描かれている貴重なカオパネです。
また、枠がラウンドしながら人物に沿って切り抜かれているパネルは最近珍しい形で昼間に夜間の状況を撮るという違和感まるだしのパネルはカオパネらしい模範的なパネルです。
現在やたらと施設名や協賛社などを載せたがるパネルが横行している中、文字的表記が何も無い潔さも心地いいです。

 顔抜き看板

山梨県立考古博物館、館内にあった顔出しパネルです。
珍しい背景ありで、雰囲気を壊さないような演出をしていますが土器の下に謎の白い場所があったり、イノシシなどの動物の剥製に説明タグが置いてあったり、なんともやら微妙な感じの仕上がりになっています。
もう少しココをこうしたらというツッコミどころは色々とありますが、それが「カオパネ」の醍醐味と言っておきましょう。

 顔抜き看板

花と鳥のテーマパーク「花鳥園」にあったカオパネです。
そこにいるフクロウ「くくの」になって写真が撮れます。
生まれた時からの写真もレイアウトされていて、花鳥園の文字が筆文字をデザイン化した異常に渋いパネルになっています。

 顔抜き看板

東武動物公園にある有名なカオパネです。昔は背景が黒塗りだったようですが、最近は緑色に塗り替えられています。手描きのアルパカ親子の絵がなんともいい味わいがあります。

 顔抜き看板

まるで中洲屋台にいるようなセットで顔出しができる、まるでシチュエーションカオパネです。このようなタイプは非常に珍しいカオパネで、思い出になる事間違いない!?
背景も写真です。

 顔抜き看板

久々の手描きカオパネです。
ペルー原住民の衣装でしょうか。ショッピングモール的な所にあるようです。
しかし、ヤリの横のスカイブルー(色)は隣の衣装の赤色と反発してチカチカします。
折角なので、ここも抜けばよかったと思う反面、このシュールさがカオパネらしさを出しています。
頂きものなので詳細が分かりませんが、南米にも存在することが証明されました。
これは貴重です。

 顔抜き看板

甲府のゆるキャラ「とりもっちゃん」という黄色のとりキャラだそうです。甲府の名物とりもつ煮のPR活動をしているようです。
なんともはや、表現がゆるい。このパネルを置いている場所は甲府駅構内にあるのにもかかわらず逆光抜群の非常に撮りづらい環境ですw。

 顔抜き看板

甲府駅の改札を出て目の前にあったカオパネです。これでもキティちゃんとわかってしまうんですね。キャラクターの視認性・定着感はハンパないって感じです。

 顔抜き看板

久しぶりに通った通りに見慣れないカオパネを発見。
ドンキホーテのパネルでした。関東一(日本一かは分からないが)カオパネがある通りの新入りパネルです。

 顔抜き看板

江戸川区自然動物園にあるカオパネです。無料の動物園ですので開園時間はいつでも撮れます。レッサーパンダとダルマの組み合わせは何ともミスマッチなカオパネです。全体的に小さめなので子供向けです。

 顔抜き看板

五稜郭公園前を下車し五稜郭タワーへ向かう道すがら現れるカオパネです。
かなり風雨にさらされ修復箇所が多々ありますが、久々に手描きの筆跡も分かるレア度の高いパネルです。
一体何人の顔をはめてきたんでしょう?モチーフは新選組副長の土方歳三とその妻なかだと思われます。

 顔抜き看板

札幌市水道記念館にあるカオパネです。
ウォッピーという公式キャラクターが受付を越えた後に迎えてくれます。
過去には他のカオパネがあったようですが、今はありません。
この記念館を訪れる際は手前の坂道がかなり急こう配ですので注意が必要です。

 顔抜き看板

久々に見ました。まりもっこり。
大倉山ジャンプ競技場のクリスタルハウス入り口にあります。
この状況だと指をさしている手前のコは確実にもっこりジャンパーにぶつかります!
危険ですのでジャンプしている選手には近づかないでください(笑)

 顔抜き看板

これも大倉山ジャンプ競技場の札幌ウィンタースポーツミュージアム内にあります。
ジャンプの時の技で後方に腕を持っていきボードを掴んでもう片方の腕は振り上げる「ステールフィッシュ」といいます。
これは特撮で撮った写真だと思われますがクールです。

 顔抜き看板

大倉山ジャンプ競技場の札幌ウィンタースポーツミュージアム内にあります。
バックストローク中の写真でしょうか。
こちらはジャンプのように特撮とはいかないので望遠で撮影したのを使ったと思われますがいい感じの写真です。
顔を出す位置が少し右上を見るように出すといいカオパネ写真が撮れるでしょう。

 顔抜き看板

大倉山ジャンプ競技場の札幌ウィンタースポーツミュージアム内にあります。
V字ジャンプをしている最中のスキー選手です。
特殊撮影して撮った写真を使ったのか写真はいい感じです。

 顔抜き看板

boys be ambitious と云ったクラーク博士像がある
さっぽろ羊ヶ丘展望台の雪まつり資料館前にありました。
2代目のパネルのようですが、これも所々がはがれています。
個人的にこの方が使われている感じが出ていて好きです。
手描きの半立体のパネルで非常に珍しいタイプです。

 顔抜き看板
« 前  1  

探検家(Explorers)

あおきもの. さん ノーヌル さん masaya さん 亜流 さん ロナ・ウッチーニョ さん shunichi sakurai さん usa さん ワサブロー5世 さん ゆきこ さん kouak さん うえうち さん awb さん 伊勢志摩PRし隊 さん tato さん やすき さん 理想のオレンジ さん えこ さん

アーカイブ