「新しい」と一致するもの

うなぎ専門のお食事処にあるカオパネです。
ゆるキャラ2015グランプリ「出世大名 家康くん」と同じ制作者が描いたのでしょうか「出世法師 直虎ちゃん」というゆるキャラ等々のカオパネのようです。
浜松名産をごっそりと詰め込んでいますね。

 顔抜き看板

2017年、大河ドラマ「女城主 直虎」のゆかりの地である浜松市「大河ドラマ館」にあるカオパネです。
プロのイラストレータに書いてもらったのでしょうか。まとまりのあるカオパネですが全体が四角なのでもっと冒険しても良い(井伊)ように思えます。
このドラマ館は2018年1月14日(日)まで開館しています。

 顔抜き看板

2016年の「いわずもがな」なカオパネを東京スカイツリー(ソラマチ)で発見!
これってもうちょっと露出が早ければ流行語大賞取れたのでは?という勢いがありますが当パネルはどうかというとインスタのインターフェイルをパロったのか、かなり地味な仕上がりになっており下や左の看板でようやく内容が把握できる少し残念な様相を感じざるを得ないのは自分だけでしょうか。
キャラがキャラだけにもう少しアピール度があったカオパネにして欲しかった・・・
2017/01/12までの期間限定です。

 顔抜き看板

日本の交通の中心・拠点となる東京駅にもカオパネありました!
場所は丸の内南通路入り口付近です。
この時は外国人さんが占拠して撮影中につきボカシ入れてあります!
カオパネのクオリティー的にはキレイで良いのですがハチャメチャです(笑)盛り込み過ぎです(笑)ガッツキすぎです(笑)そのため、人通りが多いのにも関わらず場所を取っているにも関わらず目立ちません。あえて酷評させて頂きます。今後に期待します(笑)

 顔抜き看板

ローカル線の整骨院で発見。
何でこんなところに!?なぜ整骨院で!?エイト君とは!?

user-pic
 顔抜き看板

せんべい王国から稲荷のカオパネがありました。
絵馬の形をモチーフにされているようです。
2000年につくられ、顔をハメる所やキャラクタに若干の損傷や修復形跡がありますが保存状態バッチリです。
キャラクタが上にくっつけられています。以前のキャラクタは何なんだったんでしょう?気になります。

 顔抜き看板

山梨県立考古博物館、館内にあった顔出しパネルです。
珍しい背景ありで、雰囲気を壊さないような演出をしていますが土器の下に謎の白い場所があったり、イノシシなどの動物の剥製に説明タグが置いてあったり、なんともやら微妙な感じの仕上がりになっています。
もう少しココをこうしたらというツッコミどころは色々とありますが、それが「カオパネ」の醍醐味と言っておきましょう。

 顔抜き看板

花と鳥のテーマパーク「花鳥園」にあったカオパネです。
そこにいるフクロウ「くくの」になって写真が撮れます。
生まれた時からの写真もレイアウトされていて、花鳥園の文字が筆文字をデザイン化した異常に渋いパネルになっています。

 顔抜き看板

東武動物公園にある有名なカオパネです。昔は背景が黒塗りだったようですが、最近は緑色に塗り替えられています。手描きのアルパカ親子の絵がなんともいい味わいがあります。

 顔抜き看板

まるで中洲屋台にいるようなセットで顔出しができる、まるでシチュエーションカオパネです。このようなタイプは非常に珍しいカオパネで、思い出になる事間違いない!?
背景も写真です。

 顔抜き看板
« 前  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  

探検家(Explorers)

あおきもの. さん ノーヌル さん masaya さん 亜流 さん ロナ・ウッチーニョ さん shunichi sakurai さん usa さん ワサブロー5世 さん ゆきこ さん kouak さん うえうち さん awb さん 伊勢志摩PRし隊 さん tato さん やすき さん 理想のオレンジ さん えこ さん

アーカイブ